スマホキャンペーン乗り換えWEB

乗り替え(MNP)や新規で検討中の方へ、MVNO各社の格安SIMや格安スマホセットのキャンペーン情報を紹介。

UQモバイル 「OPPO R17 Neo」実質ゼロ円&キャッシュバック!

2019-07-29更新

f:id:hirotsu73:20190729105433j:plain

UQモバイル 独占販売モデル OPPO R17 Neo の概要

 OPPO R17 Neoは2018年11月からUQ mobile独占販売されている、高性能な格安スマホです。

 CPUはSnapdragon 660という高性能なCPUを搭載、RAM4GB、ROM128GBで6.4インチのベゼルレスの縦長ディスプレイで有機ELを搭載しています。それでいて価格は3万1644円という格安の価格設定です。

 どうしてここまで安くするのかわかりませんが、この高性能スマホが、毎月のマンスリー割によって、なんと実質540円で手に入れることができます。ほぼ無料と言ってもいいです。(キャッシュバック キャンペーンの終了時期は未定ですが、いつ終わるかわかりません)

 さらに、キャッシュバックも8000円~10000円ということで、かなりのお買い得となっています。

 

UQモバイル 独占販売モデル OPPO R17 Neoのスペック

 注目の日本初ディスプレイ指紋認証機能を搭載したモデル。

 ディスプレイ内に指紋センサーを内蔵し、指先でディスプレイにさわるだけで指紋を認識して、画面ロック解除が可能です。

f:id:hirotsu73:20190330012354j:plain

 ディスプレイは6.4型有機EL(2340×1080ドット)を採用し、水滴型ノッチスクリーンと、さらなる狭ベゼル化によって、画面占有率91%を実現しています。

f:id:hirotsu73:20190330012428j:plain

 カメラは、AIが「風景」「料理」「動物」というように120のシーンを識別して、シャッターを押した瞬間に最適な補正を行うとのこと。そのうち16のシーンについては、撮影時のプレビュー画面にアイコンを表示するという。夜景もバッチリです。

f:id:hirotsu73:20190330012506j:plain

 CPUは「Snapdragon 660」、メモリーが4GB、内蔵ストレージが128GB。外部記録媒体はmicroSDXCメモリーカード(最大256GB)に対応。SIMが2枚とmicroSDXCメモリーカード1枚の3枚同時に挿せます。カメラは、メインが約1600万画素+約200万画素、サブが約2500万画素。OSは「Color OS 5.2(Based on Android 8.1)」。

 バッテリー容量は3600mAh。無線通信はBluetooth 5.0、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格に対応する。ボディカラーは、ブルー、レッドの2種類。

メーカー名 OPPO
寸法(高さ×幅×厚さ) 約158.3×75.5×7.4mm
質量 約156g
ディスプレイ
(サイズ/タイプ/解像度)
6.4インチ/AMOLED/2340x1080
カメラ
メイン 1,600万+200万画素
サブ 2,500万画素
電池容量 3,600mAh
OS ColorOS 5.2(Based on Android8.1)
チップセット Snapdragon 660(SDM660)
クロック数/コア数 1.95GHz/4コア+1.8GHz/4コア
本体メモリ容量※1
ROM 128GB
RAM 4GB
対応外部メモリ
(規格/最大容量)
microSD、microSDHC、microSDXC、最大256GB
防水 ×
防塵 ×
対応言語 日本語を含む65カ国
ネットワーク
最大下り速度
下り最大279Mbps
国際ローミング
データ通信はできません
Bluetooth Bluetooth5.0
Wi-Fi規格 a/b/g/n/ac
テザリング
緊急地震速報
津波速報/災害・避難情報※2
対応周波数(バンド) FDD-LTE : B1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28 (au VoLTE対応)
TDD-LTE : B38/39/40/41
UMTS(WCDMA/3G) : B1/2/4/5/6/8/19

  

UQモバイル  OPPO R17 Neo の評判・評価

 デザインは、ボディーの色がグラデーションになっていて、仕上げも綺麗で美しいとの評価が多いです。薄型で画面も大きく迫力があります。

 携帯性については、大画面でバッテリー容量が大きいハズなのですが、すごく軽く持ちやすいとのことで皆さん驚いています。

 レスポンスについては、3万円台のスマホと考えればかなり良いようです。かなりハードなゲームをやらない限り反応は早いとのこと。昨年最も普及したP20 liteよりもゲーム性能が約2倍になっているので、ネットやメール、Twitter、LINE、Facebook、インスタグラムはもちろん、一般的なゲーム、パズドラ、ツムツムなども快適に動きます。ただ、注目の指紋認証の反応は今一歩みたいですね。顔認証の反応が優れているようなのでみなさん顔認証をメインにしているようです。 

 画面は有機EL搭載なので、非常に色鮮やかで綺麗。iPhone Xsと比べても遜色なしと評価する人もいます。画面が綺麗ということだけで満足感大です。

 バッテリーは十分1日持つという方が多いですね。減りも緩やかということですから皆さん満足しているようです。大画面で薄型でバッテリーの持ちも良い……どうバランスとっているんでしょう? スゴイ!

 カメラは、背景をぼかしての撮影も可能ですし、夜間撮影もバッチリのようです。自撮りはかなり良いようです。インカメラ2,500万画素ですから、メインよりも画素数が高いです。スマホ初心者でも楽しく撮れる高性能カメラは、これだけでも価値があるかもしれませんね。

 

  全体的にコスパは相当良い機種といえます。R15Neoよりもかなりスペックアップしています。また、auのVoLTEに対応していて、DSDVにも対応、DSDVでSIMカードを2枚使いながらマイクロSDカードを使うこともできます。

 約3万円のスマホとしてはライバルがいないかもしれません。

 このR17 Neoが実質540円、タダみたいな価格で購入できます。

 

UQモバイル  OPPO R17 Neo の購入方法

 OPPO R17 NeoはUQ mobileの独占販売なので、格安SIMのプランを契約する必要があります。
 UQ mobileではOPPO R17 Neoを3万1644円で販売していますが、選ぶプランによって最大1万0000円のキャッシュバックと最大3万1104円の月額割引(マンスリー割)をもらうことができます。

【キャッシュバック】

 端末セットの場合 プランS:8,000円 プランM:9,000円 プランL:10,000円

【マンスリー割】

 マンスリー割(毎月) 1,296円×24ヶ月=31,104円 ⇒ 端末代実質540円

 OPPO R17 Neoを実質540円で購入することができます。

 UQモバイルはいくつかのプランがあるのですが、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」のどちらかから、プランS、M、Lを選ぶのが良いでしょう。

また、プランSの場合、初期費用が3,800円かかってしまうので、これを無料にする方法もありますので、参考にしてください。

 参考 ⇒ プランSの初期費用を無料にする裏ワザ

 

おしゃべりプラン

  プランS プランM プランL
基本使用料 月額1,980円 月額2,980円 月額4,980円
月間
データ容量
「増量オプション」(オプション料月額500円:2年間無料キャンペーン中)適用で 「増量オプション」(オプション料月額500円:2年間無料キャンペーン中)適用で 「増量オプション」(オプション料月額500円:2年間無料キャンペーン中)適用で
2年間最大3GB/月 2年間最大9GB/月 2年間最大21GB/月
無料通話 5分以内の国内通話が何度でも無料!

 

 ぴったりプラン

  プランS プランM プランL
基本使用料 月額1,980円 月額2,980円 月額4,980円
月間データ容量

「増量オプション」(オプション料月額500円:2年間無料キャンペーン中)適用で
2年間最大3GB/月
26ヶ月目以降は2GB/月になります。

「増量オプション」(オプション料月額500円:2年間無料キャンペーン中)適用で
2年間最大9GB/月
26ヶ月目以降は6GB/月になります。
「増量オプション」(オプション料月額500円:2年間無料キャンペーン中)適用で
2年間最大21GB/月
26ヶ月目以降は14GB/月になります。
無料通話

2年間最大60分/月

(2,400円分)
26ヶ月目以降は30分

(1,200円)/月。

2年間最大120分/月

(4,800円分)
26ヶ月目以降は60分

(2,400円)/月。

2年間最大180分/月

(7,200円分)
26ヶ月目以降は90分

(3,600円)/月。

 

 キャッシュバック キャンペーンその他については以下の記事にもまとめていますので、参考にしてください。

www.sim-choice.com

 【UQモバイル】