スマホキャンペーン乗り換えWEB

乗り替え(MNP)や新規で検討中の方へ、MVNO各社の格安SIMや格安スマホセットのキャンペーン情報を紹介。

IIJmioスマホ2万円値引き&月額1000円割引、さらに初期費用が1円キャンペーン

f:id:hirotsu73:20190711170418j:plain


IIJmioの魅力は何と言っても高い信頼性です。フルMVNOで法人契約のシェアも拡大中です。格安SIM業界のフロンティア的存在と言えばIIJmioと言えるでしょう。

 最近では、eSIMの提供開始を発表しています。esimを利用すれば、キャリアのまま格安SIMを同時に使うことも可能になります。現在はiPhone XR、XS、XS Max等の一部の機種しか利用できませんが、IIJmioがまた新しい標準を開拓していくのだと思います。

 話しはチョットそれましたが、IIJmioは今月もキャンペーン(夏トクキャンペーン)を開催しています。

f:id:hirotsu73:20190710230628j:plain

 

 

Ⅰ IIJmio キャンペーン特典① 初期費用3000円が1円 ⇒通話&データSIMに適用

 

条件:2019年7月4日(木)~2019年9月30日(月)23:59の期間中に

   新規でIIJmioモバイルサービスの申し込み

対象:データ通信専用SIM
   SMS機能付きSIM
   音声通話機能付きSIM(みおふぉん)

   初期費用3,000円(税抜)⇒ 1円で提供

 

 音声通話SIMの初期費用が1円になるのは、他社のキャンペーンでもありうるのですが、データ通信専用SIM(データSIM)も初期費用が1円になるのは嬉しいですね。手軽にタブレットや、余ったスマホをネット専用端末にできます。1円で始めれるので、これはチャンス!

 子ども用のスマホにデータSIMを入れる場合は、SMS機能付きSIMにしましょう。そうすればLINEも使えるようになります。

 

 Ⅱ IIJmioキャンペーン特典② みおふぉん3ヵ月間 1,000円割引

対象: 音声通話機能付きSIM(みおふぉん)のみ
   利用開始月の翌月から3ヵ月間、月額料金を1,000円(税抜)割引
 ※ご利用開始月の料金は、日割りにて算出

<注意点>
音声通話機能付きSIM(みおふぉん)の利用枚数によって割引金額が違ってきます。

ただし、1回線目をデータ・SMS機能付きSIMでお申し込みの場合は、2回線目以降でお申し込みの音声通話機能付きSIM(みおふぉん)の割引が適用されません。

複数回線申し込みの時は、必ず、1回線目を音声通話機能付きSIMにすること。

 

1つの契約で複数回線の場合の割引額
1回線の場合:月額料金から1,000円割引
      (音声通話付帯料700円×1、月額料金300円の割引)
2回線の場合:月額料金から1,700円割引
      (音声通話付帯料700円×2、月額料金300円の割引)
3回線の場合:月額料金から2,400円割引
      (音声通話付帯料700円×3、月額料金300円の割引)
4回線の場合:月額料金から3,100円割引
      (音声通話付帯料700円×4、月額料金300円の割引)

f:id:hirotsu73:20190711004835j:plain 

IIJmio公式ページ

 

 

Ⅲ IIJmioキャンペーン 特選③ 夏トク!音声セットでスマホ大幅割引

 

期間:2019年7月4日(木)~2019年7月31日(水)23時59分まで

対象新規でIIJmioモバイルサービス「音声SIM※」とキャンペーン対象端末をセットで購入した場合
※音声SIM:音声通話機能付きSIM(みおふぉん)
      音声通話専用SIM(ケータイプラン)

f:id:hirotsu73:20190711004002j:plain

対象スマホ 一括払い 分割払い(24回)
HUAWEI P20 lite 19,800円
⇒ 9,800円
850円
⇒ 430円

OPPO AX7(2万円割引)

29,800円
⇒ 9,800円
1,280円
⇒ 430円
OPPO R17 Pro 39,800円
⇒ 29,800円
1,680円
⇒ 1,250円
motorola moto g7 29,800円
⇒ 19,800円
1,250円
⇒ 830円
motorola moto g7 plus 35,800円
⇒ 29,800円
1,500円
⇒ 1,250円
SHARP SH-M08 29,800円
⇒ 19,800円
1,250円
⇒ 830円
SHARP SH-M10 79,800円
⇒ 69,800円
3,350円
⇒ 2,930円
ASUS ZenFone Max Pro(M2) 32,800円
⇒ 19,800円
1,380円
⇒ 830円
ASUS ZenFone 5Z 59,800円
⇒ 49,800円
2,500円
⇒ 2,080円

 

f:id:hirotsu73:20190711005533j:plain

 

f:id:hirotsu73:20190711005547j:plain

 

f:id:hirotsu73:20190711005603j:plain

  

IIJmioスマホ大幅割引キャンペーンのOPPO AX7

OPPO AX7のスペック

OPPO AX7が目玉なんですが、2万円割引です。

主なスペック

  • CPU:Qualcomm Snapdragon 450(オクタコア)
  • メモリ:RAM 4GB / ROM 64GB
  • OS:ColorOS 5.2(based on Android8.1)
  • ディスプレイ:6.2インチ, HD+(1520×720)
  • バッテリー:4230mAh
  • SIMカードタイプ:トリプルスロットデュアルナノSIM(DSDV対応)
  • カメラ:アウトカメラ:1300万画素+200万画素, インカメラ:1600万画素
  • 認証:指紋認証, 顔認証
  • 付属品: ACアダブター/マイクロUSBケーブル/SIM カードツール/安全ガイド/クイックガイド/スマホケース/保護フィルム(貼付済み) 

f:id:hirotsu73:20190711171409j:plain

OPPO AX7の特徴・評判

 AX7はOPPOが2018年12月に発売したエントリーモデルなんですが、割引前の価格は2万9880円(税別)。

 ネットでのクチコミをチェックすると、コスパが評価されて、結構売れているようです。

 AX7は、AndroidをベースのOPPO独自「Color OS」を搭載しています。「iPhoneに似ている」とも言われています。HUAWEIと似ているという人もいますが……。

 CPUはクアルコムのSnapdragon 450。エントリー向けのプロセッサーですが、結構高性能です。サクサクという程ではないですが、ゲーム中心に使うわけでなければ、快適に使えます。

 評判が良いのが、外観・外装で、AX7は、6.2型の液晶ディスプレーを搭載し、インカメラ部を水滴型ノッチにするという、今流行のデザインを採用しています。
 光沢もあって、ミドルレンジ以上の質感に見えます。

 解像度はHD+ではあるのですが、画質はまずまず。普通に綺麗です。

  背面に指紋センサー、正面に顔認証にも対応しています。指紋認証はかなり速い。

 SIMスロットには2枚のnano SIM+microSDも装着できます。DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)に対応しています。

  AX7の最大のウリは4320mAhの大容量バッテリーです。実際に電池はかなり持ちます。よほどのヘビーユーザーでないかぎりは、1日は余裕で持ちます。

f:id:hirotsu73:20190711171443j:plain

 

  また、OPPOはカメラに力を入れているメーカーです。AX7アウトカメラは約1300万画素+約200万画素(深度計測用)のデュアルレンズ。インカメラは約1600万画素。

 アウトカメラは「ポートレート」モードで撮ると、背景をうまくぼかして、人物が際立つ写真が撮れます。また、「ポートレート」モードは人物だけではなく、物や景色を撮ったりするときにも活躍します。


 インカメラは、AIによって顔をきれいに補正してくれる機能があります。性別や年齢を解析し、その人に合った補正が行なわれます。

 

 何歳か若く撮れるようなので、重宝しそうです。また、インカメラはシングルレンズですが、デジタル処理によって背景をぼかせます。

 

 OPPO AX7は、エントリーモデルとは思えない高性能で、かつ楽しいスマホのようです。

 キャンペーン価格がなんと9800円、かなりのお買い得だと思います。

 

IIJmio公式ページ

 

 IIJmio(みおふぉん)