スマホキャンペーン乗り換えWEB

乗り替え(MNP)や新規で検討中の方へ、MVNO各社の格安SIMや格安スマホセットのキャンペーン情報を紹介。

Y!mobile ワイモバイル学割キャンペーン

f:id:hirotsu73:20190307213648j:plain

 

1.ワイモバ学割(割引)の概要

 キャンペーン期間中、新規・乗り替え(MNP)・番号移行(ソフトバンクから乗り替え)でスマホプランM/Lを契約すれば、最大13ヶ月1000円割引になります。

キャンペーン期間は2018年12月5日~2019年5月31日、学生その家族が割引対象のキャンペーンです。

指定機種 :全機種(SIMのみも可)
対象者  :学生(5~18歳)とその家族
対象プラン:スマホプラン、スマホプラン(プランSは対象外です)
割引期間 :最大13ヶ月割引


【CM】ワイモバイル ワイモバ学割

 

2.ワイモバイルのスマホプランとは(1年間千円割引)

f:id:hirotsu73:20190307141021j:plain

 ワイモバイルのスマホプランは3種類あり、パケットデータ量に違いがあります。パケットデータのパケットが、月々3ギガのプランS、9ギガのプランM、21ギガのプランL余ったパケットデータは、翌月に持ち越せません。

 ライバルの各MVNOのほとんどが、余ったパケットデータを翌月に持ち越せますから、余ったパケットデータを持ち越しできないのは少し残念です。

 しかし、国内通話10分かけ放題が最初からついていますし、特別なアプリを必要としないで10分電話かけ放題が適用されるのは大変なメリットであるといえます。

 各MVNOの電話かけ放題は各々独自の電話アプリを使わなくてはなりません。電話アプリの使い勝手も様々なようですが、トラブルも多少あり、アプリの不具合などで、無料のハズが通話料金が発生してしまうこともあるようです。その点はワイモバイル(Y!mobile)は安心で、大手キャリアと変わりありません。

 上記の料金を見ると、14ヶ月目から料金が1000円上がっていますが、これは、「ワンキュッパ割」といって最初の1年目、2ヶ月目から13ヶ月目まで毎月1000円割引を行っているためです。

 

3.ワイモバ学割の具体例(1000円割引)

 ワイモバイルの割引はたくさん種類があるので、複雑です。

 ここでは、「ワイモバ学割」「家族割」「おうち割光セットA」の三つの割引を利用した場合を具体的に見ていきます。

 

 未成年は契約できませんので、基本的に保護者(親)が契約することになり、使用者が学生ということになります。

 

 「ワイモバ学割」は、学生本人だけでなく、その家族も割引が適用されます。(ワイモバ学割はプランSには適用されません)

 「家族割」は2回線目から適用されます。割引の利かない1回線目(主回線)の契約者は成人している親や家族の方が良いと思います。

 「おうち割光セットA」は学生本人も家族全員にも適用可能です。

 

①学生のみ契約の場合(ワイモバ学割+ワンキュッパ割)

  S(3ギガ) M(9ギガ) L(21ギガ)
基本使用料  2980円 3980円 5980円
ワンキュッパ割 -1000円 -1000円 -1000円
ワイモバ学割   -1000円 -1000円
2~13ヶ月 1980円 1980円 3980円
14~25ヶ月 2980円 3980円 5980円

※プランSにはワイモバ学割(割引)は適用されません。

②親・家族(主回線)と学生(副回線)契約の場合

 親・家族(主回線 1回線目) 

  S(3ギガ) M(9ギガ) L(21ギガ)
基本使用料  2980円 3980円 5980円
ワンキュッパ割 -1000円 -1000円 -1000円
ワイモバ学割   -1000円 -1000円
家族割      
2~13ヶ月 1980円 1980円 3980円
14~25ヶ月 2980円 3980円 5980円

※プランSにはワイモバ学割(割引)は適用されません。
※家族割は2人目から適用 

 

 親・家族(副回線 2回線目) 

  S(3ギガ) M(9ギガ) L(21ギガ)
基本使用料  2980円 3980円 5980円
ワンキュッパ割 -1000円 -1000円 -1000円
ワイモバ学割   -1000円 -1000円
家族割   -500円   -500円 
2~13ヶ月 1980円 1480円 3480円
14~25ヶ月 2980円 3980円 5980円

※プランSにはワイモバ学割(割引)は適用されません。
※家族割は2人目から適用

 

 学生(副回線) 

  S(3ギガ) M(9ギガ) L(21ギガ)
基本使用料  2980円 3980円 5980円
ワンキュッパ割 -1000円 -1000円 -1000円
ワイモバ学割   -1000円 -1000円
家族割 -500円 -500円 -500円
2~13ヶ月 1480円 1480円 3480円
14~25ヶ月 2480円 3480円 5480円

 ※プランSにはワイモバ学割(割引)は適用されません。

③おうち割光セットAの条件が加わった場合

 SoftBank光、SoftBank Air を契約している場合に、「おうち割光セットA」という割引が適用されます。

 通常であれば、プランMは700円割引、プランLは1000円割引が適用されます。ところが、ワイモバ学割と家族割との併用の問題が出てきます。

 

 ワイモバ学割について、ワイモバイルから引用すると

※おうち割光セット(A)適用期間中は、割引金額が1,500円になりますが、おうち割 光セット(A)、おうち割 光セット(A)と併用できない割引(家族割引サービス等)との重複適用は出来ません。 

 のことだかわかりませんね?

 

 結論は、家族割500円割引は適用されず、プランMもプランLもおうち割光セットAが優先されるが、家族割と同じ500円割引のみ適用ということです。

 ワイモバ学割と合わせて、13ヶ月までは1500円割引になります。
ただし、14~25ヶ月目からは、おうち割光Aが適用されて、-700円 or -1000円となります。

 

 親・家族(主回線)・学生(副回線) 

  S(3ギガ) M(9ギガ) L(21ギガ)
基本使用料  2980円 3980円 5980円
ワンキュッパ割 -1000円 -1000円 -1000円
ワイモバ学割   -1000円 -1000円
家族割      
おうち割光セットA -500円

-500円

(-700)

-500円

(-1000)

2~13ヶ月 1480円 1480円 3480円
14~25ヶ月 2480円 3280円 4980円

 ※プランSにはワイモバ学割(割引)は適用されません。

 

iPhone6sが機種代一括540円で、比較的わかりやすいので税込みで計算してみます。

f:id:hirotsu73:20190307215449j:plain

<iphone6s(32G)を申し込んだ場合(学生 副回線)>

◇家族割引の場合
契約事務手数料:3,240円
機種代金一括:540円

■スマホプランM:4,298円
■ワンキュッパ割:-1,080円×12回
■家族割引:-540円
■ワイモバ学割:-1,080円×13回
-----------------------------
初月:2,678円の日割
2~13ヶ月目:合計1,598円/月
14~25ヶ月目:合計3,758円/月
26ヶ月目以降:合計3,758円/月

▼割引開始タイミング
・学割:契約初月~
・家族割引:契約初月~
・ワンキュッパ割:2ヶ月目~


◇おうち割光セットの場合
契約事務手数料:3,240円
機種代金一括:540円

■スマホプランM:4,298円
■ワンキュッパ割:-1,080円×12回
■おうち割:-756円(14ヶ月目~)
■ワイモバ学割:-1,080円×13回
└おうち割加入特典:-540円×12回
-----------------------------
初月:3,218円の日割
2~13ヶ月目:合計1,598円/月
14~25ヶ月目:合計3,542円/月
26ヶ月目以降:合計3,542円/月

▼割引開始タイミング
・学割:契約初月~
└おうち割加入特典:2ヶ月目~
・おうち割:学割終了後~
・ワンキュッパ割:2ヶ月目~

 やはり、わかりずらいですね。とても複雑でした。 

 割引開始の時期が、初月から適用のものと、翌月から適用のものがあって、計算が複雑です。「ワンキュッパ割」と「おうち割」が2ヶ月目から適用なので、上の例は初月に差があります。

 

4.ワイモバ学割(割引)のまとめ

  ワイモバイルは、学生本人だけでなく、その家族も割引の対象になっています。さらに機種代の値引きも非常に大きく、上記のiPhone6s も540円という破格になっています。他にも大幅値引きの機種がありますので、確認してみてはいかがですか。

 ワイモバイル